弁護士に相談する

浮気された場合の慰謝料についてはしっかりと弁護士に相談をするべきでしょう。そうすることによって、確実に高額な慰謝料を受け取ることができます。慰謝料というのは本人達が納得したならば、それで決定されます。したがって、きちんとした知識を持っていないと不当に安い慰謝料で納得させられるというケースもあるのです。

名刺また慰謝料では自分が精神的な苦痛を受けたことを証明しなければいけません。そのための証拠が必要となるのですが、素人の方はなかなかそこまで手が回らないことが多いでしょう。そこで弁護士に相談をするのです。そうすれば具体的にどのような証拠を集めるべきなのか教えてもらうことができます。証拠をしっかりと集めることによって、慰謝料を増額することができるのです。このようなテクニックについて弁護士はいろいろとアドバイスをしてくれるでしょう。

弁護士に無料で相談できる機会はたくさんあります。それを積極的に活用していくと良いでしょう。本当に信頼できる弁護士に相談をしてください。弁護士に手伝ってもらうことによって、相場に近い額の慰謝料を請求することができるでしょう。弁護士はとても頼りになる存在といえるでしょう。気軽に相談をしてみましょう。

推奨リンク・・・浮気・不倫の慰謝料請求相談|アディーレ法律事務所


慰謝料の計算方法

慰謝料の相場というのは基本的に裁判になった場合の相場であることが多いです。しかし、実際には裁判をしないケースもあります。話し合いをして、お互いが認めたならばそのときに決めた慰謝料が支払われることになります。たとえば離婚することが決まっていなかったとしても、離婚した場合と同様の高額な慰謝料によって和解するというケースもあるのです。

お金芸能人の離婚では慰謝料がかなり高額となっているケースがあるのですが、あれは特殊なケースです。芸能人の場合は財産分与が絡んでくるからです。実際に裁判で慰謝料の金額を争う場合には、たとえ億単位で稼いでいたとしても、それで億単位の支払いが命じられるということはないのです。

慰謝料の金額の決定にはさまざまな状況や事情が考慮されることになります。たとえば年齢が問題になることがあります。年齢差が大きいほど増額しやすいのです。婚姻期間は長くなるほど慰謝料も高額になるでしょう。落ち度についても問題になります。たとえば性交渉に応じなかったために夫が浮気をしたというケースもあります。この場合は減額されることがあるでしょう。浮気の内容についても検討されます。長年にわたって繰り返されていた方が高額となりやすいでしょう。


慰謝料の相場

電卓もし不倫されてしまった場合にどのくらいの慰謝料を請求することができるのか気になる方は多いでしょう。この慰謝料の相場というのはだいたい50万円から300万円程度といわれています。幅の広い数字になっていることからも分かるように、実際には慰謝料というのは正確にどのくらいになるのか予想することは難しいでしょう。それぞれの状況によってかなり異なるからです。

そもそも慰謝料とはどういう性質のお金なのでしょうか。これは浮気をした夫や妻と浮気相手によって自分が精神的な苦痛を受けた場合にそれに対して支払われるお金ということになります。このような慰謝料を請求することは法律でしっかりと認められていることです。しかし、金額の基準については明確なものがあるわけではなくて、ケースバイケースとなっているのです。

基本的に過去の判例を参考にすることが多く、そこから考えると単に浮気をしただけならば50万円から100万円、浮気によって別居したならば100万円から200万円、離婚してしまったならば200万円から300万円というのが相場となっています。損害が大きければ大きいほど慰謝料も高くなるのです。個別のケースについて、さまざまな要因が検討されて慰謝料が決定されるのです。